クラシックカーのある生活ーVol.7 タイヤ交換で乗り心地が激変!

どこでタイヤ交換をしたのか?

愛車ピニンファリーナ2000スパイダーのタイヤを新品に交換。手元に来た時には少し硬くなってしまっている古いタイヤを履いたままだった。確かに時々ポコポコとする感覚はあったが、そんなことよりも愛くるしい細めのステアリングを握って走るのが楽しくて楽しくて、先送りにしてしまっていた。しかし、やはり古いタイヤのまま乗り続けるのは、安全面においても、クラシックカーに対しても良いことではない。ということで、タイヤ交換について色々リサーチを行った上で、今回はお馴染みのオートバックスでタイヤ交換を行った。

オートバックスでも問題なし!

クラシックカーはタイヤも特殊なものがいるのかなと思っていたけど、メーカーや当時の純正に近いような商品へのこだわりがなければ、実際は現行品で問題なく交換することが出来た。結果、価格面でもサービス面でも満足することができた。オートバックスのオンラインストアで、サイズやメーカー、車種から簡単に車に合うタイヤを調べることができ、最寄りの店舗で受取・取付を行うことができる。

廃タイヤの処分もOK!

価格面も街のタイヤ屋さんやディーラーよりも安く抑えることができた。そして少しの手数料は掛かるが廃タイヤもきちんと処分してくれる。ETCのことや配線のことなど、ちょっとしたタイヤ以外の相談も気持ち良く対応してくれた。タイヤ交換後の帰り道はドライビングの静粛性、柔らかな乗り心地ともに、思わずにやけてしまうほど気持ち良く変化し、小一時間ほど遠回りして帰宅したのは言うまでもない。